So-net無料ブログ作成
検索選択
コーヒー ブログトップ
前の10件 | -

早朝コーヒー [コーヒー]

AM5:00起床。昨日買ったばかりのエル・セドロを飲みながら
一時間かけてじっくり新聞を読む。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

モカジャバ [コーヒー]

先日ハニー珈琲で買ったモカジャバ。
毎年出ている夏季限定のコーヒーでした。

スパイシーな感じでとても美味しく
先週250g買ったのにもうほとんどないありさま。

ココ最近、2週間で250gを消費するのが定番化してきている。
今週はなんとか持ちそうなので、来週もまたハニー珈琲に行かなくては...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

限定発売? [コーヒー]

月曜日にハニー珈琲へコーヒー豆を買いに行ったら
いつものオススメコーヒーボードにモカジャバと威勢よく
書かれていて、まさにこれがオススメを言わんばかりの迫力。
その迫力にあっさり負けて、購入を決定。

見慣れない名前だったので井崎さんに聞いたら
井崎さんがいない間にスタッフで作った超オリジナルブレンドとの事。

果たしてこのコーヒーは定番化するのかそれとも幻となるのか
またハニー珈琲に行くたのしみが増えた。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コーヒー豆の挽き具合 [コーヒー]

最近、どうもプレスコーヒーのクオリティが気になりはじめたので

コーヒー豆を挽くところから見直そうとコーヒーの挽き具合を細かくしたり

粗くしたり、色々やってみたらどうもコーヒーエキスを抽出しすぎていたみたい。

今までナイスカットミルの4番で挽いていたのを5番まで粗くして微粉を茶漉しで取ったら

今まで以上にコーヒーにまとまりが生まれ、冷めても美味しいコーヒーが飲めた。

理想のコーヒーに一歩前進♪

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コーヒー系統図 [コーヒー]

Photoshopの練習がてら、コーヒーの系統図を書いてみたが

最近話題のゲイシャ種が希少な品種だということは分かったのだが

果たして、ティピカ種なのかそれともブルボン種なのかはたまた

上の2つと同じレベルなのかさっぱり分からない。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カフェインは効かない。 [コーヒー]

月曜日から金曜日まで一生懸命仕事を頑張って、土曜日のちょっと遅めのコーヒータイム。

何も考えず、ただボーッとしてるだけなんだけど、とても気持ちがいい。

今日は特にそんな気持ちが良い時間が30分近くも続き、危うく寝てしまうとこだった。

コーヒーを飲みながら、寝るってどうよ。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Colombia Cap Of Excellence №1 [コーヒー]

今週末は暑くもなく寒くもなくとても穏やかな日だ。

今日はハニー珈琲で発売開始となったコロンビアのカップオブエクセレンス1位のラ・イスラを飲む。毎回の事だが、開封したときに広がる香りはコーヒーマニアにはたまらない香りなんだ。どんな香りと言われても難しいのだが、ほわっとするやさしい香りで鼻からゆっくり吸い込んでしまう香りなのは確かだ。

この素晴らしいコーヒーを具体的に伝えられないもどかしさ。カッピングセミナーに出ようかな。

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コーヒーを飲もう [コーヒー]

コーヒーはネルやペーパーを使ったドリップ、フレンチプレスを使ったプレス、そのほか専用の機器を使ったサイフォンやターキッシュコーヒーなど大体4種類ぐらいある。家庭で楽しむ場合にはドリップとプレスが主だろう。

ドリップで淹れたコーヒーはすっきり、さっぱりとしていて雑味がないのが特徴だが、ネルドリップに関して言うとじっくり抽出した場合はこってりとしたまろやかなコーヒーを作ることも可能だ。

だがネルドリップは生地の管理が大変なので、あまり普及されていないのが現状だがそれも慣れてしまえば苦にならず、こってりとした美味しいコーヒーが飲める。

プレスで淹れたコーヒーはコーヒー豆が持っている味がダイレクトに表現されるのでコーヒーのユニークがはっきりしていて香りやボディ感がよく分かる。

 

とはいえ、『コーヒーの淹れると言えば、ペーパードリップ』ペーパーの手軽さゆえ、そんな常識は今なお強く指示されている。でも最近ペーパードリップじゃないフィルタ、ネルじゃないフィルタが普及している。

強いて言うならば『何度でも使えるフィルタ』とでも言おうか。数年前からコーヒーメーカーで採用されているようでセラミック加工や金属加工されたフィルタだ

これはかなり良い。ペーパーフィルタの最大の特徴である手軽さを維持しつつ最大の弱点である紙臭さを克服し、よりコーヒー豆本来の味を楽しめる仕上がりとなっている。あと何度も使えるため環境にも財布にもやさしいのだ。

ただ注意したいのはペーパーとは違いお湯の落ちるスピードが速いことだ。よってお湯を注ぐときは心なし速め、多めにする必要がある。まぁすぐに慣れると思う。

では手に入るそんなフィルタといえば以下の2つが思い浮かぶ

  • エルフォ スイスゴールドフィルター
  • スターバックスのゴールドフィルター

あとは近所のコーヒー豆屋のスタッフなどに教えてもらうのもいいと思う。

ハニーコーヒーで金属フィルタを扱っているのでぜひ行って見てほしい。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

コーヒードリップ伝授 [コーヒー]

福岡は昨日ひさしぶりの大雨だった。
そんな中、友人Mの家に以前から借りていた本とCDをやっと返しに行った。
多分半年は借りていただろう。

それでも友人Mは快く受け取ってくれ、おまけにコーヒーも淹れてくれた。なんていい奴だ。

自分で言うのも何だが友人Mはオレの影響でコーヒーに詳しくなっていて、随分前から友人Mは自分でコーヒーを淹れるようになっているが自分で淹れたコーヒーについて、色々と問題があることは分かっているがどうしたら改善できるのか分からないから淹れてみてくれとオレに言う。オレはこのコーヒーの問題点を自分の好みの味と比べ自分なりに淹れてみた。
そうすると友人Mはオレのほうが美味いと言ってくれたので、内心ホッとし、なんだか認めてもらったような感じで悪い気分ではなかった。そしてオレは自分が淹れた方法を事細かに説明し、帰った。

次回会うときはきっと美味くなっているだろう。がんばれ友人M


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Late Harvest №2 [コーヒー]

ぼくらのケニアがきれたので、ハニー珈琲に豆を買いに行って
SAMAMBAIAのLateHarvest#2を購入。

LateHarvestとは、ブラジルのCOEの後でやっているナチュラル式で
生産処理されたコーヒー豆のコンペティションの事を指している。

ナチュラル式とは日本名では自然乾燥式、非水洗式と言われ昔ながらの製法で
いまなお多くの生産地で受け継がれている。
それは日本の裏にあたるブラジルでも同じである。

ナチュラル式の利点は、チェリーのまま乾燥させることでチェリー自体の
糖分がコーヒー豆に浸透していき、甘みとボディが優れている。
今回買ったレイト・ハーベスト・コンペティション#2も素晴らしいボディと
いつまでも続く甘みを持っているように感じる。
そう白ワインより赤ワインが好きな人にオススメしたい。
そんなコーヒーだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - コーヒー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。